さわやかなダージリンティーの香りが、清潔感あふれる雰囲気を作り出す
「ブルガリ プールオム」
爽やかな柑橘系をトップに、デリケートな甘さのフローラル、
たっぷり使われたジャスミンが豪華さを感じさせてくれる...
一言・「優しい花々の淡い香り」の「ブルガリ プールファム」
ブルガリ香水は、いずれもその人気度は高く多くの方に愛用されています。
ブルガリ プールオム、ブルガリ プールファム、ブルガリ ブルー、ブルガリ
 オバフメなどをはじめ、ブルガリ香水の魅力をご紹介させていただきます。

価格は掲載時のものです。変動している場合がありますのでご注意ください。



ブルガリ 香水 ブラック 40ml EDT・SP

ブルガリ 香水 ブラック 40ml EDT・SP


ブルガリ 香水 ブラック 40ml EDT・SPブルガリ 香水 ブラック 40ml EDT・SP

価格 2415円

ブルガリ 香水 ブラック 40ml EDT・SP
by 電脳アシスト




ブルガリ 香水 ブラック

香調:スパイシー・レザー

大都会の世界そのものを「香り」という形で表現。

ブラックティーというブルガリ独自のコンセプトを同じテイストや
文化を分かち合う全ての男性と女性へ。

こういう香りを使用すれば、かっこいいだろうなと思います。
この香りのイメージは、少し不良でワイルドといった感じ。

スパイシーなブラックティーベースで、フローラル、アンバー、
ウッディーの香りを、温かみのあるレザースモーキーの香りが
やさしく包み込みます。
最初は甘め、ラストはタバコっぽい香りで渋い!!!

ルームフレグランスやベッドルーム(寝る前)に愛用して
いる方も多いようです。

ワイルドさがある中で、リラックス効果もあり、ブルガリの中でも
異色といわれるのが、うなずけます。

上品でもあり、知的でもあり、とても洗練されたブルガリきっての
個性的な香りが魅力的です☆


トップノート:ブラックティー ローズウッド ベルガモット
ミドルノート:シダー オークモス バニラ
ラストノート:アンバー サンダルウッド ムスク



   甘さ度      ★★★☆☆
   セクシー度   ★★★☆☆
   爽やか度    ★★☆☆☆
   スパイシー度  ★★★☆☆





【お客様の香りの感想】
甘い!でも飽きないイイ香りデス☆
 (NYさん 16歳 女性)

スパイシーでかっこいいながらセクシーさを感じる香水です☆
ワンノートで変化がないらしいのですが私には変化している
ように感じます(^^ゞアルコールくささがぬけたあたりからくる
あまーい香りには癒されます(>_<)友達にも大好評でした♪
 (REさん 女性)

甘く、優しい感じの香りです。
この匂いがするとリラックスできるのは僕だけでしょうか?
 (PAさん 18歳 男性)

ブルガリの香りはすごく繊細で、なおかつ気品を感じさせるものが
多いと思います。
なかでもブラックは私の大好きな 『白檀』 の香りに似てる気が
するんです。
すごく上品で大好きな香りです。
 (MA★まりさん 女性)




ブルガリの歴史
1884年、ソティリオ・ブルガリがイタリアのローマのシスティーナ通りに
高級宝飾店として創業しました。。

ソティリオはギリシャで代々銀細工師を務めてきた家系の生まれで
1905年に、息子のコンスタンティノとジョルジョの協力により、現在の
ブルガリの本店の場所、コンドッティ通りに店を移転しました。

ブルガリ時計の歴史は1940年から始まりましたが、1970年代後半に
腕時計の製造を本格的に始め、1977年に現在でも世界中で人気を誇る
最初の腕時計のシリーズ「ブルガリ・ブルガリ」を発表しました。

そして、「ブルガリ・ブルガリ」のベゼルに「BVLGARI」のロゴが
刻印された上品で革新的なデザインは世界中を魅了し、時計ブランドと
しての地位を確立しました。

1980年に、スイスに腕時計製造専門のブルガリ・タイム社を設立し、
時計製造の高い技術力で、次々とエレガント且つスポーティーな雰囲気を
醸し出す意欲作を投入して世界を席巻しました。

宝飾品に比べ腕時計製造の歴史は浅いですが、その洗練されたデザイン力
が高く評価され、20余年の間に時計のブランドとしても名を馳せるように
なりました。

現在では時計、宝飾品、香水をはじめ、ホームウェア、バッグ、
ホテル業とブルガリは総合ブランドの地位を確立しています。

ブルガリの香水は、ブルガリ プールオム、ブルー類、アクア
プールオム、ブラック、プールファム、オパフメ類、オムニア類
などブルガリらしい気品の良さと爽やかさなどから、常にランキング
上位に選ばれているほど人気度が高いです。
posted by サラ | ブルガリ ブラック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。